文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

加藤 克朗
Katsurou<br>Katou

主な取扱い分野
企業法務全般、不動産関係、相続関係、医療問題

略歴

1948年(昭和23年)島根県生まれ
1967年(昭和42年)島根県立出雲高校卒業
1974年(昭和49年)東京大学経済学部経営学科卒業

所属・活動

埼玉弁護士会示談・あっせんセンター委員会等

連載
某病院薬剤師会の会報に「病院薬剤師の法律相談」を数回連載
インターネット「駅前探検倶楽部」に「法律相談」を共同で数回連載

メッセージ

日本では、ここ10年くらいで市民の方から見た弁護士像はずい分変わって来ており、今や弁護士はずい分敷居が低くなりました。かつては、イギリス以来の伝統で、弁護士は「聖職者=プロフェッション」と見られていましたが、現在は法的技術を駆使する職人といったところでしょうか。アメリカでは弁護士の数は数十万人です。つまり一種の資格にすぎず、弁護士として行動していない人がほとんどです。(ちなみにブラジルでは約50万人です。)これは、法律関係の資格が日本のように、司法書士、社会保険労務士、税理士、土地家屋調査士、弁理士等に分けられておらず、すべて「ローヤー」と呼ばれるためです。
私は年齢を重ねるにつれ、「どのように仕事をし、いかに皆さんのお役に立てるか」とますます悩むようになりましたが、プロ野球の野村克也元監督の「生涯一捕手」のように、「生涯一弁護士」として、皆さんのお役に立てるようがんばっています。