文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

離婚

慰謝料

慰謝料の請求は、離婚の当事者が受けた精神的被害について夫婦の他方または第三者に対して損害賠償を求めるものです。

慰謝料にについてのご質問

慰謝料が発生する場面としてはどのようなものがありますか?
配偶者の不倫、家庭内暴力(DV)、性交渉の拒絶、嫁ぎ先の親族による嫁(婿)いびり等が挙げられます。
慰謝料の算定方法はありますか?
慰謝料は精神的被害を総合的に評価して算定されますので、算出する計算式のようなものは有りません。慰謝料算定の際の考慮要素としては、問題となる行為の内容、精神的被害の状況、婚姻破たんの経緯、生活の実情等が挙げられます。
慰謝料請求の相手方は誰になりますか?
基本的には、配偶者になりますが、不貞行為等第三者(不倫相手)が離婚の原因を作った場合には、不貞行為の相手方等の第三者も請求の相手方になります。配偶者と不貞行為等の第三者に対する請求は併せてすることもできます。
慰謝料請求はいつまですることができますか?
離婚原因となった不法行為(不貞行為やDV等)については、不貞行為等があったこと及び相手方が分かった日から3年以内であれば請求できます(時効)。もっとも、不貞行為等があった日から20年を経過すると請求ができなくなります。なお、これ以外にも、離婚せざるを得なくなったこと自体に対しても慰謝料を請求することができ、これについては,離婚と同時に請求することとなるので、時効が問題となることは通常ありません。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00