文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

離婚

養育費・婚姻費用

養育費とは、心身が未成熟で働くことができない子が社会人として自活できるまでに必要な費用のことです。本来は子が親に請求するものですが、監護者である親が子に代わってもう一方の親に請求することになります。
婚姻費用とは、夫婦の生活にかかる費用のことをいいます。夫婦の一方が他方に請求することになります。

教育費・婚姻費用についてのご質問

養育費は子供が何歳までもらえるのですか?
法律には何歳までという上限が決められていません。家庭裁判所では、親の財産、学歴、社会的地位等から高校卒業まで、20歳になるまで、大学卒業までなどと決められることになります。
養育費は一度決めたら、その後年収が変わった時でも変更できないのでしょうか?
養育費について合意をしたとしても、その後の状況の変化によって、養育費の増減等を請求することができます。具体的には,事情変更のあったことを理由として,改めて養育費の支払を求める調停又は審判を申し立てることになります。
婚姻費用はいつまでもらえるのですか?
結婚している間だけです。離婚した場合には、もらうことはできません。
婚姻費用について夫が全く話し合いに応じようとしません。どのようにすればよいのでしょうか?
家庭裁判所に調停または審判の申立をする必要があります。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00