文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

離婚

親権・面接交渉

親権は、親が未成年の子に有する身上監護権(身体的に監督・保護し、社会性を身に付けさせるため精神的発達を図ることに配慮すること)、財産管理権(子の財産を掌握し管理すること)の総称をいいます。
面接交渉とは、子を監護していない親が子と面会等をすることをいいます。

親権・面接交渉

親権者を決めないで離婚をすることはできますか?
親権者を決めないと離婚できません。
女性であれば、必ず親権者になることができるのですか?
家庭裁判所の審判や裁判で親権者が指定される場合、子が乳幼児の場合等には、女性が親権者になる可能性が高いといえますが、最終的には子の利益になるかどうかという点で判断されることになりますので、女性であれば必ず親権者となるわけではありません。
親権者になるとどのようなことをすることができますか?
概要でも触れましたが、親権者は身上監護権と財産管理権を持ちます。
身上管理権は、具体的には①居所指定権(子は親権者の指定する場所に居住する)、②懲戒権(教育上必要合理的な範囲で子を懲戒することができる)、③職業許可権(子は親権者の許可が無ければ職業に就くことができません。)等になります。
財産管理権により、親権者は子の財産を包括的に管理することができます。
面接交渉はどのような手続きで決めるのですか?
両親の協議で面接交渉の回数、方法を決めることになりますが、協議で決まらない場合には、家庭裁判所の調停や審判によることになります。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00