文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

借金

破産とは?

破産とは、借金等で経済的に破綻した場合に、その法律関係を終結させ、破産者に対する債権を確定し、破産者に属する財産を換価して、債権者に公平な満足を得させる裁判上の制度です。
具体的には、債権者と債務額を確認し、裁判所に破産申立、免責許可の申立をし、破産開始決定、免責決定を受けることで、破産者の債務が自然債務となり、破産者は支払義務を免れることになります。

破産についてのご質問

破産したことで、何か権利が制限されるようなことがありますか?
弁護士、税理士、保険会社外交員等一定の職業に、破産手続開始決定から復権を得るまでの間は就けなくなります。
しかし、自己破産の手続きが終われば当然に就業・資格制限はなくなります。
また、会社の取締役についてですが、破産は委任契約の終了原因とされていますので、破産をすると取締役を退くことになりますが、法改正によって破産者も取締役に選任されることができるようになったため、一旦退いた後に再度取締役に選任されることができます。
なお、破産によって選挙権等がなくなるなどということはありません。
破産した場合、自分の持っている財産はどうなりますか?
破産手続は、現在所有している財産を金銭に換えて、返済できる部分は債権者に返済して、残りの借金は免除してもらう手続きですので、持っている財産も破産手続で債権者に対する配当に充てられることになります。
ただ、破産した場合であっても、破産者の財産のうちで破産財団に属さず、手元に残される財産(自由財産)を認めてもらうことができます。最大で99万円までの財産が自由財産として認められる可能性があります。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00