文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

借金

過払い金とは?

過払い金とは、簡単に言えば消費者金融等の貸金業者に、返済しすぎたお金のことを言います。
利息制限法によれば、借り入れについての利率は15~20%の間でなければならないと規定されていますが、以前には多くの貸金業者がこれを超過した利率で貸付けを行っていました。
上記の利率を超えた利息は本来支払わなくてよいものですが、貸金業者の多くはこれを超えた利率で貸付けを行い、その利率をもとに利息を計算して請求してくるため、支払わなくてよいものを知らずに支払ってしまっているのです。
この支払わなくてよかったはずの部分については、貸金業者に対して返還を請求することができます。これを過払い金返還請求といいます。
過払い金は、まずは交渉で返還請求をし、それでも支払ってこない場合には裁判をするのが通常です。

過払い金についてのご質問

過払い金があるかどうかはどうやったら分かりますか?
取引業者に今までの借り入れや返済が記載された取引履歴を開示するよう請求し、開示された取引履歴をもとに、法定利率で再計算を行います。
その結果、本来返済すべき金額を超え、払いすぎた部分があれば、それが過払い金です。貸金業者も今では法定利率での貸付けをしているところが多いですが、数年前までは多くの貸金業者が法定利率を超えた利率での貸付けを行っていたため、全体的に見れば、古くから借入をしていた場合の方が過払い金がある可能性が高くなります。
最近届いた請求書には、利率が18%と記載されていたのですが、この場合には過払い金はないということですか?
最近の請求書にそのように記載されていたからといって過払い金がないというわけではありません。
貸金業者の中には、今では法定利率での貸付けを行っているものの、過去のある時点までは法定利率以上の利率で貸付けを行っていたところも少なくないため、過去の請求書等を見ると最近のものとは異なる利率が記載されていることも多いのです。
その場合には、過払い金が発生している可能性も十分あります。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00