文字サイズ

はるか法律事務所

haruka-law.com
048-648-1111

借金

民事再生とは?

民事再生とは、借金等で経済的に窮した場合に、その債権者の多数の同意を得、かつ、裁判所で認められた再生計画を定めること等により、債務者の経済生活の再生を図ることを目的とする制度です。
具体的には、返済額を本来の債務を減額し、3~5年の期間で分割返済していくことになります。
また、住宅ローン債務がある場合には、他の債務を減額し、住宅ローンはリスケジュール(弁済期間延長)をしたうえで返済していくことで、住宅を確保することもできます。

民事再生についてのご質問

破産との違いは何ですか?
破産が免責決定を受けて支払義務を消滅させる手続ですが、民事再生は債務を減額しつつも返済をしていく手続であることです。
 浪費等の免責不許可事由があり、破産・免責を申し立てても免責不許可になり、支払義務が残ってしまう可能性がある場合には、免責不許可事由があっても債務の減額が可能である民事再生手続をとる方が良い場合もあります。
給料等の安定した定期収入がない場合にも、民事再生手続を利用できますか?
減額した債務を3~5年の期間の返済をしていく手続ですので、安定した定期収入がない場合には選択しづらい手続です。
返済期間の途中で返済不能となった場合には、再度債権者に通知して破産手続をすることになり二重の手間になってしまうので、安定した定期収入があるか否かは、破産を選択すべきか民事再生を選択すべきかを決定するための大きな要素となります。

ご相談は、はるか法律事務所まで。こちらへお問い合わせください。
048-648-0001 受付時間 平日 AM9:00-PM17:30
土曜 AM9:00-PM13:00